晴々エトワール

40代 敏感肌・乾燥肌の化粧品レビュー

花粉症の症状が6日でゼロに!「近大サプリ青みかん」口コミ

f:id:hare-bare:20190411195810j:plain

「青みかんのサプリが花粉症の季節にぴったり」と聞いて信じます!?

私は最初、ウソだと思って聞き流しました。
でも気になって、
調べて、買ったら、花粉症の季節の健康維持にとても役立ちました。

そこで今回は「近大サプリ青みかん」で花粉症が6日で消えたエピソードと、青みかんが体に良い理由をご紹介したいと思います。

 

1.私の花粉症の症状

2019春めでたく花粉症デビューしました。

3月のスギ花粉で初めて体の異変。

「次はヒノキ花粉が来る」と周りに言われ、
症状が出ませんように、と祈りましたが変わらずの症状。

ヒノキにも反応したことであきらめて、花粉症ホルダーになったことを認めました。 

 

私の症状は、のど・目・肌が中心。

くしゃみと鼻水はモーニングアタックだけで日中はなし。

痛み・かゆみ・だるさが日に日に増していきました。

  • のどの痛み
  • 目のかゆみ
  • 目尻から常に涙が出る
  • 頬や頭皮がチクチク
  • 顔全体の粉っぽさ
  • 倦怠感

 

 

2.購入のきっかけ

f:id:hare-bare:20190411200042j:plain

近大サプリを知ったのは、花粉症デビューしたての頃。
知り合いに教えてもらいました。

すぐに買わなかった理由は「何とか耐えられるはず」と甘く考えていたことと、その知り合いも飲んでおらず「良いらしい」という情報だけだったから。 

 

日を追うごとに体はつらくなりましたが、薬を毎日飲むことに抵抗があり、ただ耐えていました。 
つらいと思いつつも、そんな体調にどこか慣れていたのかもしれません。

 

症状が出始めてから1ヶ月を過ぎた頃、我慢できず市販薬を初めて飲みましたら、すぐラクになり、薬の効きに驚いたのと同時に、健康体のすばらしさを思い出しました。 

 

でも、やっぱり薬は毎日飲みたくなかったので「そういえば、近大サプリ!」と思い出し、いろいろ調べてみました。 

その結果、健康に良い理由に納得し、花粉症の季節にも良いという口コミも多かったため購入に至りました。 

 

 

3.6日間で元気いっぱい

yahooでポチって翌日夕方届きました。 

f:id:hare-bare:20190411200050j:plain

1日9粒から18粒まで、とパッケージに書いてあります。 

サプリなので飲み方は自由。

ビタミンCは尿で流れやすいと聞くので私は分けて飲むことにしました。 
1回3~4粒を朝・昼・夜・寝る前の1日4回飲みました。

   

f:id:hare-bare:20190411195828j:plain

 

初日

夕方に初めての3粒。
飲んですぐはもちろん何も変わらず。

2時間後ふと「何か体軽いかも!?」と思ったものの、まだ確信はなし。
寝る前に3粒飲み就寝 。

 

 

2日目

寝起き直後、のどが痛くない! 

前日まで、のどの痛みで夜中に目覚め、のどスプレー。
それでも唾液を飲み込む度に痛くて寝付けませんでした。

それが、全く痛みがなくなったのです。 
そのまま日中も、のどの痛みは出ませんでした。 

モーニングアタックはまだありました。

 

  

3日目~5日目

のどの痛み、目のかゆみが全くなし!

モーニングアタックは症状がかなり軽く、時間も短くなりました。
肌のチクチクは相変わらず不快。

一番つらかった時をレベル10とするなら、この頃のつらさはレベル2ぐらい。
日に日に楽になっていきました。 

 

 

6日目

とうとうモーニングアタックもなし!
そして、雲が晴れたように体がすっきり軽い!

だるさがなくなり、肌のチクチクもなくなりました。 
もう花粉症でなかったときと同じ健康体です。  

 

  

4.青みかんが花粉症の季節に適している理由 

私は理由に納得して購入したのですが、その内容を簡単にまとめてみました。 

 

アレルギー症状の原因

粘膜に花粉がつく
  ↓
抗体 ができる
  ↓
抗体と肥満細胞が合体
  ↓
マスト細胞に変身
  ↓
マスト細胞 から ヒスタミン が出る
  ↓
ヒスタミン がアレルギー症状を起こす 

 

つまり、 抗体 と ヒスタミン がなければ、症状は出ないということになります。
アレルギー薬は「抗ヒスタミン剤」とパッケージに書いてあるように、ヒスタミンを抑える成分が入っています。

 

  

青みかんに含まれる成分 

f:id:hare-bare:20190411200936j:plain

 

青みかんに含まれる成分

  • ヘスペリジン
  • ナリルチン  

 

これらがそれぞれ対になり、
抗体 を抑える ヘスペリジン
ヒスタミン を抑える ナリルチン

として働きます。

これを、近畿大学は20年かけて研究したというわけです。

 

 

「みかん」ではなく「青みかん」がポイント

冬にこたつで食べる甘いみかんは熟した状態です。
対して、夏に摘んだ酸っぱく熟す前が「青みかん」です。 

完熟みかんよりも、早熟の青みかんヘスペリジン・ナリルチンが多く含まれています。

 

青みかんは

  1. ヘスペリジン ・ナリルチン の量が多い
  2. ヘスペリジン の作用が強い

これが、青みかんが花粉症の季節に良い理由です。  

 

  

5.美容効果もあります

f:id:hare-bare:20190411200039j:plain

調べて納得して買ったわけですが、飲むまではやはり半信半疑でした。 

最後の決め手は「近大サプリ青みかん」はビタミンCサプリだということ。

 

「もし花粉症の季節に変化がなくてもビタミンCサプリとして飲めばいいか」と思って買いました。 

 

ビタミンCはアンチエイジングに効果があり、美容にかかせない成分です。

  • 肌と粘膜の再生を助け
  • 細胞の酸化を防ぎ
  • 紫外線を浴びた肌にできるメラニンを抑え
  • シミを予防

 

私はうれしいことに花粉症の季節に助かりましたが、美容面でビタミンCの恩恵があったのは朝のおトイレです。

4日目からすっきりでした。
これにも驚きました。  

 

ビタミンCは1日に100mg採るのが推奨されています。

「近大サプリ青みかん」は、9粒で45mgのビタミンCが含まれています。

つまり、1日に必要なビタミンCの半分をこのサプリで摂ることができます。 

春から紫外線も強くなりますので、紫外線対策としても役立つ一石二鳥のサプリです。

 

 

6.「花粉症に効く」と宣伝できない理由

サプリは食品です。
薬事法で禁止されているため、医薬品のように「花粉症に効果がある」などの効能を、パッケージに書いたり宣伝に使うことがサプリではできません。 

したがって、青みかんサプリの良さが広がる手段は口コミしかありません。

この記事でも表現をぼかしている箇所が多々あります…

 

そのせいか、これほど花粉症の季節にぴったりのサプリなのですが、まだ知られてないのが現状です。 

 

f:id:hare-bare:20190411204416j:plain


 

7.このような方におすすめ

  • 花粉症の季節がつらい
  • 眠くなると困る
  • 長く続けられるものが良い
  • 美容の助けにもなって欲しい

 

サプリなので副作用もありませんから、安心です。
私は嘘のように花粉症の季節もすっきり過ごせるようになりました。

 

私の地域のドラッグストアでは見たことないのですが、薬局で購入したという口コミはちらほら見ました。地域によっては仕入れているお店もあるようですね。

Amazon・楽天・yahooはいつでも購入できます。
価格はどこも定価なので差はないですね。
送料無料のショップで買うのがお得です。

  

 

 

 

 

こちらの記事では周りの感想を元に、飲み方について書いています。

 

ビタミンC効果で美容にも良い変化がありました。

 

青みかんの成分は紫外線対策にもなります。


最後までお読みいただきありがとうございました。