晴々エトワール

40代 敏感肌・乾燥肌の化粧品レビュー

40代だからこそ分かるショートヘアにして良かったこと8つ

f:id:hare-bare:20191216195801j:plain

人生の8割はロングヘアで過ごしてきましたが、今年の夏バッサリ切ってベリーショートになり、今はアゴの長さのショートボブです。

なぜ切るまでにあんなに悩んだのだろうと思うぐらい、髪を短くしとても満足しています。

 

20代、30代で短くしたときには感じなかったけど、40代になったからこそ気付けたショートヘアのメリットを並べてみました。

 

  

 

1.垢抜ける&若返る

一番はこれでしょうね。

顔も体も重力に負けて垂れていくので、髪が短くなって重心が上がったことで軽やかになり、垢抜けた印象になりました。

40代になってロングヘアやまとめ髪は老け感が出るなぁ、と何となく感じていましたが、切って正解でした。

 

メイクを工夫するより、よっぽど手っ取り早かった

 

 

2.小顔に見える

肩幅と頭の比率が分かりやすくなり、頭が小さく見えます

ロングだと肩幅いっぱいに髪が広がるので、頭の横幅も広く見えるのでしょうね。

 

また顔周り・首周りの髪の量が減ったおかげで、アゴのラインもはっきりするので、たるみが目立たなくなりました。

 

1つ不思議なのは、ロングのまとめ髪よりも、さらに頭がコンパクトに見えること。

 

 

 

3.夏は涼しい

髪を切った最大の理由が最近の猛暑

でも髪を切ったおかげで、比べ物にならないほどサッパリ!

 

ロングの夏は、まとめ髪にしてましたが、熱がこもるのか地肌が蒸して不快度MAXでした。

「切って良かった」とつくづくこの夏思いました。

 

 

 

4.冬は巻物が似合う

マフラーやストールの季節になりましたが、

ロングのときは髪を下ろしていると、巻物を髪の上にするか下にするか・・・

どちらにしてもサマにならず、おしゃれというよりいかにもおばちゃんの防寒具

 

今年は首もとのワンポイントとして、巻物がおしゃれアイテムに格上げです。

巻物をしても髪型に影響しないし、どんな巻き方も全部できます。

 

コートの色は黒や紺など暗いですが、パーソナルカラーの明るい色が顔周りに足せるのがうれしい。

 

 

 

5.髪が傷まない

f:id:hare-bare:20191216195811j:plain

肌同様、髪も老化が目立つパーツ

ハリ・コシ・ツヤを長い髪でキープするには結構なケアが必要で、後姿にも老け感が出るのが気になっていました。

特に毛先はアイロンで巻いていたので、かなり傷んでましたしね。

 

今は毛先の心配はもちろんゼロです。

傷みやすくなる肩から下の部分がなくなり、生えたての元気な部分だけになるので、ツヤもあります

シャンプー・トリートメント・オイルなど、髪全体にまんべんなく行き渡るので、お手入れもしやすいです。

 

 

 

6.シャンプーが気持ちいい

f:id:hare-bare:20191216195815j:plain

ロングの時はシャンプーもすすぎも、どれだけやってもやり残し感がありました。

髪の層が厚いせいで、地肌に指や水が届いている気がしなくて。

 

今はとにかく気持ちいいですね。きれいさっぱりです。

美髪・育毛も地肌から!

 

シャンプー時間も短くなり、体力的にもかなり楽です。

 

 

7.ドライヤーの時間が半分に

まずタオルドライが楽です!

タオルを頭にかぶってバサバサ前後にするだけで、水滴がとれちゃいます。
犬が水浴びした後にブルブルってするやつみたい

カットしたばかりの時はこれだけで感動してました笑

 

その後のドライヤーは10分程度です。

根元もしっかり乾きますので、特別にブローの手間をかけなくても、乾かすだけできれいなスタイルができあがります。

 

ロングの時はドライヤーに最低20分かかってました。

夏はせっかくのお風呂上りなのに汗だくに・・・

ドライヤーを肩の上で20分キープしているのもしんどくなっていたので、時間が短縮されてほんと楽!!

 

 

 

8.節約になる

ヘアケアにかけるお金が減りました

 

・シャンプー・トリートメントはワンプッシュでOK

・オイル・バームも少量でOKなので、減りが遅い

・美容院の回数は増えたけど、トリートメント代が不要

 

800mlの大容量シャンプーが以前は2ヶ月でなくなっていたのに、5ヶ月たってもまだ残ってて驚いています。

 

 

 

9.デメリット

デメリットもありますので、いくつかご紹介

 

汗が顔に流れ落ちる

この夏、頭は涼しかったですが、頭から汗が顔にタラタラと流れ落ちて困りました。

襟足もビッショビショ(元々かなりの汗かき)

 

ロングの時は髪が汗を吸ってくれていたみたいです。

 

 

アレンジのパターンがない

ロングだと「巻く」「まとめる」「ハーフアップ」とか気分転換できましたが、

今のところ「切る」「耳にかける」「分け目変える」でそんなに雰囲気を変えられません。

まだ切って半年足らずですけど、飽きてきたらどうしましょうねぇ。

 

 

寝グセ

ばっさり切る前に一番心配していたのが寝グセ

凄腕カットのおかげで、ありがたいことにまだ寝グセは経験していません。

 

美容師さんからは、もし寝グセがついたら、

根元を濡らして、その濡らした根元をいろんな方向からドライヤーをあてることでリセットされる

と教えてもらいました。

 

 

 

オシャレには窮屈と我慢がつきものと当たり前に思ってきましたが、40代になって老化と更年期障害で体力と気力がついてこないことも多く、オシャレより楽を取りたくなるのが本音

 

女の髪と肌はツヤが命!

楽でキレイで垢抜けて、ほんと切って良かったです。もうロングはないかな。

 


ホットペッパービューティー

 

 

最初はベリーショートになっちゃって後悔した話