晴々エトワール

40代 敏感肌・乾燥肌の化粧品レビュー

ネイティブキャンプでカランメソッド 講師選び④ なぜ講師選びが重要か

f:id:hare-bare:20210124182031j:plain

ネイティブキャンプでカランメソッドを受講し、全12ステージとビジネスカランを制覇しました。

過去3回は、ネイティブキャンプでのカラン講師選びのポイントをお伝えしてきました。
最終回は、なぜこのことをテーマにしたかを書きたいと思います。

 

1.講師によってレッスン形式が違う

そもそもネイティブキャンプはメソッド通りのレッスンを提供する提携校のはずなのに、なぜ講師選びをテーマに4本も記事を書けるかというと、

ネイティブキャンプのHPによれば、

カランメソッドを扱う講師は カラン機構 (Callan Method Organization) の実施するトレーニングを受講する必要があります。
提携を装うスクールが多い中、ネイティブキャンプではこれまでにも世界中でカランメソッド導入スクールへ指導をしてきた、ベテラントレーナーのGavinさんをイギリスよりお招きし集中トレーニングを実施しました。
トレーナーのGavinさんによると、提携を受けていないスクールは教え方が正確ではなく、せっかくのカランメソッドを台無しにしていることも多いようです。
ネイティブキャンプでは正規のトレーナーから指導を受けた本物のカランメソッドをご提供させていただいております。

ということなのですが、講師数も生徒数も多いせいか、実にいろいろなパターンのカランレッスンが存在し、レッスン内容が一律ではないのです。

提携校としてどうかはさておき、私はこれがネイティブキャンプでカランを受講する上でメリットだと思っています。強制的に講師を割り当てられるのではなく、自分のやりやすい講師を、自分のスケジュールに合わせ、自分の意志で選ぶことができるからです。

相性の合う講師を見つけ有意義なカランレッスンにし、メソッドの効果を最大限感じて欲しい、という思いで書いています。

 

2.生徒のニーズに合わせた結果

メソッドの効果を得るには、メソッド通りの授業を受講する、これに限ります。

しかし、私も人気ランキング上位の講師を何名も受講しましたが、これはカランではないな、と思ったことが何度かあります。

無表情でひたすら英文を聞く・話すだけのメソッドが楽しくない、意味が分からない、と思う日本人生徒が多いのかもしれません。カラン開始前の英語基礎力(文法知識、語彙力)が低いと、高速のカランは付いていくのがきついのが事実です。

加えて、ステイホーム生活を機に入会者が激増し、カラン受講者も増え、需要に合わせてカラン講師も増えました。生徒に合わせてくれる講師の評価は高くなりますし、講師は評価が下がるとレッスン数が減り収入に影響しますので、ニーズに合わせようとするでしょう。

講師レビューを見ていますと、2020年後半頃から、こういった、生徒に合わせ低速化し、ルールを外れても解説や雑談を挟んでくれるような講師の評価が高くなり、オリジナルのカランレッスンが主流化しつつあるように感じました。

 

 

3.初級者にとってカランは万能ではない

とても素晴らしいメソッドですが、カランで文法学習を済ませることは不可能です。
英語入門者でもOKという触れ込みですが、実際に体験し私はそうは思えませんでした。

文法解説を初級者が英語で聞いても理解は難しいでしょうし、単語解説は英英辞書の文章がそのままの場合もあります。やはり日本語での助けが必要です。
そして、中学高校の授業のような詳しい文法解説はカランに含まれていません。語順、品詞の役割、動詞の変化は、知っている前提でレッスンが進む箇所が多いです。
これは、カランがイギリスで発祥し、世界がオンライン化する前までは言語が似ているヨーロッパ圏の生徒がメインだったからではないか、と私は想像しています。

英語から言語的距離が遠い日本人は、文法知識を補う学習がカランのレッスン外で必要ですし、並行することでカランのセンテンスを理解でき、効果が上がります。

子供はどんなことでも続けているうちにいつの間にかできるようになりますが、大人の成長した脳は、理屈を理解して納得して初めて体が動くようになります。
カランを意味も分からず受けているだけで、英語力が上がるわけではないのです。

カランを正しいメソッドで受講できるようにするためにも、自身に足りない知識は補う必要があります。

ちなみに私は、カラン開始時TOEIC 710点でした。読み書きできるが会話ができないという典型的な日本人英語学習者です。受験英語の知識がカランを進める上で非常に助けになりました。

 

4.カランは正しいメソッドで受講すると効果出る

カランは本来のメソッドを守ることで脳が刺激され効果が出ます。
カラン講師として一番良いのは、メソッドに沿ったレッスンを提供してくれる講師です。ネイティブキャンプにはその講師がたくさんいます。そうでない講師もいます。

メソッドに沿っているかは客観的にチェックし、
やりやすいかどうかの相性の良さは直感的にチェックすると、自分スタイルの楽しく効果のあるカランレッスンが続くと思います。

一部ネイティブキャンプ批判のような内容と思われるかもしれませんが、私はネイティブキャンプとカランメソッドに非常に感謝しています。
思いやりと熱意のある講師陣のおかげでカランメソッドもコンプリートすることができ、映画もかなり聞き取れるようになり、英会話も開始前に比べると相当上達しました。

それゆえ、本当のことを知っていただきたかったのと、ぜひ上手に正しくカランを受講し、同じように効果を感じる方が増えて欲しいという思いです。


 具体的な講師選びのポイントは過去3回に分けて書きました。