晴々エトワール

40代 敏感肌・乾燥肌の化粧品レビュー

【ohora ネイル】2週間持つやり方と5つのコツ|トップジェルも使ってみた

今回は、ohoraネイルのやり方を、すべての手順に写真を付けて完全解説します。
パーツ付きのネイルシールで、ohora公式トップジェルも使いました。

f:id:hare-bare:20210828151048j:plain

初ohoraはペディキュアでした。
簡単持ちもいいし、何よりプロ感のある出来栄えが気に入り、ハンドも購入しました。

私は不器用ですし、ハンドの場合、片手しか使えないので上手くできないかも、と思いましたが大丈夫でした。
初めてでも2週間余裕で持ちました。

 

↓ohora公式さんからTwitterで いいね も頂きました!

 

 

 自慢か!

 

 

1.ohoraとは?

ohora(オホーラ)は韓国の会社。
ジェルネイルの新しい技術「セミキュアジェルネイル」を開発しました。

本物のジェルを60%固めた『半生』状態のネイルシール。

f:id:hare-bare:20210828151121j:plain


自分でシールを爪に貼り、ランプで硬化させて仕上げるセミセルフ的な感じ。

f:id:hare-bare:20210828151457j:plain

ジェルが柔らかいシールになっているので、爪のカーブにフィットさせることができますし、ライトで硬化させるため持ちも良くサロン級のジェルネイルが完成するという優れものです。

 

 

2.今回のネイルはパーツ付き

 使用したネイルの品番は「NP-059

f:id:hare-bare:20210828151106j:plain

パーツが付いているタイプで1,880円。

ちなみに、ハンド・フット共に価格は3段階。下記の価格は税込です。

  • 1,330円
  • 1,660円
  • 1,880円

デザインが凝ったり、大きいパーツが付くにつれ高くなります。

 

シールは合計30枚。
2回弱分ですね。

  • パーツシール:6枚
  • デザインシール:8枚
  • ワンカラー:16枚

f:id:hare-bare:20210828151121j:plain

SNS見てると、余ったシールは別のohoraと組み合わせたり、マニキュアと混ぜたりして使われているみたいです。

あとは、やすり・ウッドスティック・プレップパッドが入っています。

f:id:hare-bare:20210828151118j:plain

 

仕上がりはこんな感じ。

f:id:hare-bare:20210828151441j:plain

普段はセルフマニキュアなんで、やっぱり今回はいろんな方に「きれい」と褒められました。

「めずらしくネイルサロン行ったん?」と言ったのはうちの夫(笑)

 

ちなみに、この深緑は、緑が苦手なブルべさんにおすすめです。

こっちがイエベの緑

f:id:hare-bare:20210828154817j:plain

 

こっちがブルべの緑

f:id:hare-bare:20210828154837j:plain

 

話がそれました。続けます。

 

 

3.トップジェルも買ってみた

今回はohora公式のトップジェルも買いました。

f:id:hare-bare:20210828151103j:plain

やっぱりトップジェル付けた方がツヤがいいです!

パーツは取れやすいそうですが、トップジェルが補強にもなります。

トップジェルあり/なし比較の写真も上げてます。
お急ぎの場合は、上の目次から「8.ohoraトップジェル 使ってみた」に飛んでください。
 

 

 

では、本題のやり方へと進んでいきましょう。

 

4.必要な物

まずは準備するもの 

f:id:hare-bare:20210828151128j:plain

キッチンペーパーの上で作業すると、最後クルクルポイで片付けがラク

 

ohoraの作業で絶対に必要な道具はこの2つ。

  • ohora付属品一式
  • ネイルライト

上の写真のネイルライトは、100均ワッツの330円です。
ジェルネイルでもohoraでも問題なく硬化できます。

 

実際に作業をした結果、あるとさらに便利だったのがこの3つ

  • ピンセット
  • 爪切り
  • スポンジバッファ(上の写真にはない…)

私は自爪が長くシールを扱いにくいので、先が尖ったピンセットは役立ちました。

あと、余ったシールを切るのは、爪切りが一番やりやすかったです。

最後の仕上げには、スポンジバッファをかけると、形がきれいに整いました。

 

 

5.ohora ネイル やり方

では、ohora付けていきます。

作業の手順は7工程。

  1. 爪をプレップパッドで拭く
  2. 爪のサイズに合ったシールを探す
  3. シートからはがす
  4. 爪に貼る
  5. 先端の余ったシールを切る
  6. ライトで硬化
  7. 爪の形を整える

 

①爪をプレップパッドで拭く

作業前に手を洗っておくと、余計な汚れや油分がシールに付かなくて、持ちも良くなりますよ。

プレップパッドで爪の表面を拭きます。
目的は、油分や汚れを取るため。

片手一気に拭いてしまってOK

f:id:hare-bare:20210828151132j:plain

 

②爪のサイズに合ったシールを探す

ネイルシートの「▲Cuticle Line」と書いてある方を、爪の根元側にして、サイズの合うシールを探します。

↓この写真、指にあてるシールを間違えています。
左側のシールに合わせるのが正解です。すみません。

f:id:hare-bare:20210828151136j:plain

つい小さめかジャストサイズを選んでしまいがちですが、ちょっと大きいかなぐらいが◎

爪はカーブしているので、上から直線的に見ている以上に、実際は面積が広いです。

 

 

③シートからはがす

シールをはがします。
手で取りにくかったらピンセットで。

f:id:hare-bare:20210828151140j:plain

 

透明フィルムをはがします。

f:id:hare-bare:20210828151143j:plain

爪の先端側は後で切り落とすので、シールの先端を触るようにすると、シールへのダメージが少なくて済みます。

粘着面に皮脂をあまりつけないようにするのも、持ちが良くなるコツです。 

 

④爪に貼る

根元の角 → サイドを合わせて貼るのが上手く貼るコツ

f:id:hare-bare:20210828151147j:plain

 

逆サイド側が足りなければ、シールを引っ張って伸ばす

f:id:hare-bare:20210828151150j:plain

 

伸びました。

f:id:hare-bare:20210828151154j:plain

 

作業に慣れてきて、自分の爪やシールのサイズ感が分かってきたら、貼る前にシールを伸ばしておくのもアリ

f:id:hare-bare:20210705161018j:plain

 

指の腹で念をこめてギュッと押さえます。

f:id:hare-bare:20210828151158j:plain

 

ダメ押しでウッドスティックでも押さえて密着させます。

f:id:hare-bare:20210828151201j:plain

 

とにかく角とサイドはしっかり密着させるのがはがれないコツ。

スマホの保護シール貼る時みたいに、真ん中なら外へ空気を逃がすようなイメージ

 

 

⑤先端の余ったシールを切る

爪の裏側から見て切ると、分かりやすいです。

f:id:hare-bare:20210828151205j:plain

 

理由は、表側から切ったら、爪も切っちゃって失敗したので(笑)

f:id:hare-bare:20210828151209j:plain

 

 

⑥ライトで硬化

60秒を2回で、ほぼ固まります。

f:id:hare-bare:20210828151216j:plain

 

手持ちでいろんな角度から60秒。

f:id:hare-bare:20210828151221j:plain

サイドが固まっていないと取れやすくなるので、まんべんなく硬化してください。

 

 

⑦爪の形を整える

付属のやすりで、シールのギザギザを削ります。

この時、硬化不足だとシールがやわらかく感じます。
そしたら、再硬化してください。

f:id:hare-bare:20210828151225j:plain

 

整いました。 

f:id:hare-bare:20210828151229j:plain

 

裏から見たら、まだ何かギザギザで、手触りも良くない。

f:id:hare-bare:20210828151232j:plain

 

と思ったらスポンジバッファで仕上げ

f:id:hare-bare:20210828151236j:plain

 

滑らかになりました。

完成です。

f:id:hare-bare:20210828151243j:plain

ツヤツヤしてジェル感出てますよね。

 

 

6.ohora パーツネイル やり方

では、パーツのつけ方もさらっといきます。

パーツはこういうやつ。ストーンとかパールとか。

f:id:hare-bare:20210828151429j:plain

 

爪のタテの長さがUSBより長い指に使うように、とohoraさんが言ってます。

f:id:hare-bare:20210828151309j:plain
f:id:hare-bare:20210828151313j:plain

今回は、左の親指と右の中指につけました。

さっきより省略して5ステップで。

  1. 保護シールを貼る
  2. ネイルシールを貼る
  3. 余ったシールを切る
  4. 硬化する
  5. 仕上げる

 

①保護シールを貼る

パーツを付ける前に、透明の保護シールをつけます。

f:id:hare-bare:20210828151125j:plain

 

サイズが合うシールを選んで

f:id:hare-bare:20210828151317j:plain

 

爪に貼る。ネイルシールより固めです。

あと、伸びませんが爪より小さくてOK
パーツが直接爪に触れないように保護する目的なので。

f:id:hare-bare:20210828151321j:plain

 

保護シールにも透明フィルムが付いています。

f:id:hare-bare:20210828151326j:plain

 

硬化は不要です。
このまま、上にパーツシールを重ねます。 

 

②パーツシールを貼る

サイズの合うシールを選んで

f:id:hare-bare:20210828151339j:plain

 

爪に貼る

f:id:hare-bare:20210828151343j:plain

 

ギュッと押さえて密着させる

f:id:hare-bare:20210828151348j:plain

 

 

③余ったシールを切る

f:id:hare-bare:20210828151352j:plain

 

④硬化する

60秒を2~3回

f:id:hare-bare:20210828151356j:plain

 

⑤やすりで仕上げる

f:id:hare-bare:20210828151404j:plain

 

 

完成

f:id:hare-bare:20210828151408j:plain

 

 

7.所要時間

作業時間は、片手20分、合計40分ぐらい。

やはり、片手しか使えないのと、利き手じゃない手ではやりづらいということで、確かにペディキュアよりぎこちなくなりましたが、大したことないです。

マニキュアだと乾いてないのを気にして、どこにも触れないように指を動かさないといけませんが、ohoraだとそれがないので指が自由に動かせます

 

片手4本やって、

f:id:hare-bare:20210828151457j:plain

 

逆の手やって

f:id:hare-bare:20210828151453j:plain

 

最後は親指

f:id:hare-bare:20210828151501j:plain

 

が一番効率良いと思います。

 

 

8.ohora トップジェル使ってみた

では、ohora公式トップジェルを使ってみたらどうなるか、見ていきましょう。

 

未硬化ジェルが出ない、ふき取り不要タイプ。
硬化終わると同時に作業終了です。

f:id:hare-bare:20210828151247j:plain

粘着性のあるドロっとしたジェルです。

柄の方にジェルがかなり付いてきて、どんどん下に降りてくるので、しごいてしごいて余分なジェルを落としてから爪に塗ると、適量が塗れます。

 

ハケが塗りやすいので何のテクニックもいりません。
シールの上をなでるだけで、均一に塗れます。 

f:id:hare-bare:20210828151250j:plain

 

硬化は60秒2~3回。
硬化熱あります。結構あったかい。

f:id:hare-bare:20210828151258j:plain

 

手持ちでいろんな角度から60秒

f:id:hare-bare:20210828151221j:plain

 

こんな感じ

f:id:hare-bare:20210828151301j:plain

このガラスみたいなツヤ

 

トップジェルなくても十分ツヤはあるんですけど、塗るとさらにグレードアップしますね。

f:id:hare-bare:20210828170700j:plain

ツヤッツヤ

パーツに対しては、トップジェルが補強ボンドの役目をしてくれます。

何もないと心もとないパーツ…もう取れそう。

f:id:hare-bare:20210828151412j:plain

 

すき間にジェル入れました。

f:id:hare-bare:20210828151416j:plain

 

これでも取れちゃったんですよ。3日で。

 

"パーツはすぐ取れる"と口コミも良く見ましたので、100均ジェルでも何でもいいので、補強しておくのがいいかもしれません。

 

 

9.ohora 5つのコツ

作業の中で触れてきた5つのコツを、最後まとめます。

 

サロン級に見せるコツ3つ

  1. シールは大きめを選ぶ
  2. シールを伸ばす
  3. 根元の角とサイドを合わせる

爪の形に沿って、端から端まできれいに貼られているだけでプロ感が出ますよね。

そのためには、大きいかなぐらいのシールを選び、爪に合わせてシールを伸ばせばOK
貼る時は、根元の角とサイドのラインを合わせて貼ります。

 

持ちを良くするコツ2つ

  1. すみずみまで良く押さえる
  2. サイドも硬化する

持ちの良さは、いかに爪とシールを密着させるかがポイント。

硬化前にしっかり押さえておくことと、サイドにもまんべんなくライトを当てておくことで、すき間なくシールが定着し、めくれてくるのを防ぐことができます。

すき間から水分が入るとグリーンネイルの原因にもなりますので、健康面でも重要ポイント!

 

 

完成写真を忘れていましたので、最後に。

左手

f:id:hare-bare:20210828151433j:plain

 

右手

f:id:hare-bare:20210828151437j:plain

 

 

ついでに(←見せたいだけ笑)

この記事のデザインと一緒に買ったのがこちら。
ベージュの中でもこれはブルべになじみやすいミルクティベージュ。

 

 


よほど至近距離で見られない限り、サロンネイルと思ってもらえるジェルネイルが、自宅でできます。

1箱で2~3回分、1回あたりに換算すると400円~600円。
仕上がりと手軽さから見れば、コスパも良く満足です。

ワンカラーのマニキュアだけでは味気ない時、ohoraのシールを数本混ぜるとかでも、セルフネイルのデザインの幅が広がり、不器用な私にはありがたい。

ズボラでもある私にとっては、乾くのを待たなくていいし、40分でできるし、持ちもいいのも助かる。

いいことしかないやん。

 

ということで、迷っているなら一度やってみてください。
きっと沼にはまります☆

 

 

14日間の観察日記とオフの仕方は別記事にしました。 

 

 

初めてohoraのペディキュア買う時、コスパ・初期費用・種類を調べました。
そのまとめ記事はこちらです↓↓ 


「100均のネイルライトってどうなん?」と友人によく聞かれます。
スペック比較の記事がありますので、気になる方の参考になれば↓↓
結論はどれも一緒です笑 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。 

 

使用したネイルの品番は「NP-059」 

 

トップジェルはこれです。

 

ついでで載せたミルクティベージュは「ND-024」

 

 

楽天で買うとお得です。
毎回10%オフクーポン(2ヶ月有効)もらえました。

f:id:hare-bare:20210828151517j:plain