晴々エトワール

40代 敏感肌・乾燥肌の化粧品レビュー

ファイザー製コロナワクチン 副反応が軽かった40代半ば女性の接種体験

2021年9月、ファイザー製コロナワクチンの接種が2回とも終了しました。

 

小心者の私にとっては、そわそわした1ヶ月でございました。

ビビりにビビった気持ちとは逆に副反応も軽く、あっけないといっては何ですが、何のドラマもない接種体験でした。

無事に済んでとてもありがたいのに、語れるエピソードがなく残念な気持ちになるこの感じ、何なんでしょうね笑

 

読んでいただくような面白いことは何もありませんが、一応ブログを持っているので、何もなかったという記録を残しておこうと思います。

よろしければお付き合いくださいませ。

 

f:id:hare-bare:20210930163652j:plain

 

ワクチンは打つべきか

私の本音は「ワクチン打ちたくない」
接種が終わった今も、打たなくて済むならそうしたかった気持ちがあります。

 

実際、ワクチンを打たないつもりでいました。

理由はいくつかあって、

・コロナ禍以降、外出は週1
・1人暮らし
・感染しないという根拠のない自信
・得体の知れない不安

とりあえず、何かよー分からんものを打ちたくないって生理的な拒否感が大きいかな。

 

うちは別居婚で、1~2ヶ月に一度、夫が私のところに県をまたいで帰ってきます。

夫は在宅ワークができない職種でもあり、本人も打ちたい派だったので、6月には職域接種の予約を済ませ、7月に2回接種を終えました。

ちなみに、モデルナ製を接種した夫の副反応は、筋肉痛とだるさだけでまだ軽い方。

 

ワクチン打つべきかと悩み始めたのは、オリンピック前後のデルタ株による全国的な感染者増加とそのスピードの速さ、そして重症化率。

 

いよいよ50代以下も重症化を自分ごとのように考えないといけないステージがはじまった。
私がワクチン未接種だと、夫や夫の同僚が感染する可能性があるかもしれないとも思いました。

 

私の気持ちを尊重してくれる夫は決して勧めることはしませんでしたが、コロナで重症化&後遺症の可能性など、いろいろ話をした結果、接種を決めました。

モデルナ製の金属片が話題になっていたため、ファイザー製がいいだろうと自治体接種にすることも決めました。

金属片についても報道が尻切れトンボですね…

 

意を決して予約しようとしたら、ワクチン供給スケジュールの都合で、自治体接種の予約が何度も延期に。

打てないってなると早く打ちたいとなぜか思ってしまい、予約開始を待つ日々となりました。

 

 

 

ワクチンの自治体接種予約の日

8月下旬、やっと40代の予約日となりました。

 

朝9時スタート。

サイトつながらん。

・・・

あっつながった!
番号と名前入力して次へ

接続切れた・・

 

10分ぐらい、チケットぴあに電話しまくった若かりし頃を思い出しながらがんばりましたが、

ふと、
ワクチン打ちたくなかった私がめっちゃ必死やん
と笑いがこみ上げ、コーヒーを淹れに。

 

コーヒー飲みながらネット徘徊しつつ、
たまに予約サイトをつないでいたら、

9時40分過ぎ、サクッとログイン出来て日付選択まで進みました。

 

もうどうせ枠が残ってないからつながったのだろうと思いつつ、
出来ればこの日がいいなと考えていた日付を見たら、

残席1
しかも徒歩10分のクリニック

 

無事予約できました。

 

 

 

ワクチン 接種前に準備したこと

ワクチン接種に備えて準備したことは、

・体温計
・カロナール
・アクエリアス
・アイスノン
・2日前から禁酒
・ネイルオフ

 

ポカリじゃなくてアクエリアスなのは、ポカリが私には甘く感じるから。
熱さまシートじゃなくてアイスノンなのは、おでこ冷やすより首冷やす方が熱冷めるから。

と夫に言ったら、俺とは好みが真逆やなと言われました。

 

あとは、内臓の負担が少しでも軽くなればと2日前から禁酒。

病院に行く前にネイルオフするのは習慣。
爪の色で健康を見るとか、不測の事態が起きて指先に器具をつけるとネイルで反応しないとかあるらしいので。

 

 

 

ワクチン 1回目 副反応

いよいよ1回目、9月初旬。
予約時間は夕方。

 

クリニックに着くと、7,8名いました。

接種前で順番待ちしてる人と接種後15分待機している人が半々だと分かったのは、受付で説明を受けてから。

 

5分ほどで順番が来て診察室へ。
問診受けて、腕を出し、
何か話してる間に終わってました。

医師の技術が関係あるのか私の筋肉なのか、痛みも感覚も何もなかった。
針の跡も残っていない。

 

帰宅後、シャワーを浴び夕食を食べました。

6時間ほどで筋肉痛が始まり、あれこれ考えると怖くなるので寝ました。

 

翌朝起きて、熱は36.3度
だるさもなし

 

1日1食生活なので、朝と昼は食べないのですが、
昼間(接種から約20時間経過)、
強烈な空腹と旺盛な食欲、そして耐えられない眠気がやってきました。

 

 

 

 

体の中でエネルギーが消費されている、と思いました。

 

どんぶりご飯に納豆や味噌汁の朝定食大盛りみたいな食事をサクッと済ませ、
昼寝。

 

夕方、起きると少し暑く、熱は36.8度。
平熱よりは高いけど、体はしんどくない。

 

シャワー、夕食を終え、早めに就寝。
(昼寝したにもかかわらずあっさり寝れた)
3日目の朝は、もうすっきりしていました。

 

 

ワクチン 2回目 副反応

3週間後の9月下旬。

2回目の方が副反応は大きいらしいので、1回目と変わらない緊張感で朝からソワソワ。

 

1回目と同じ時間に同じクリニックへ。

前回は7,8人いたのにガラガラ。
前回は1回目接種と2回目接種の人が混在していたけど、もう2回目接種の人しかいないからだそう。

 

前回同様、針の痛みもなく、知らない間に終了。

 

帰宅後、シャワーを浴び夕食を食べ、筋肉痛が始まったのが3時間後。
前回よりちょっと早い。


しばらくすると軽く頭痛が。
我慢できる程度なのでカロナールは飲まず。

1回目にはなかった頭痛が始まり怖くなったので、さっさと寝ました。

 

翌朝起きて、熱は36.5度
だるさもなし

ほっとしました。

 

前回の旺盛な食欲を踏まえ、お昼にたらふく食べたところ1時間後に睡魔が。

これは副反応ではなく、食べ過ぎの睡魔。
安静にしておくのに越したことはないから、とりあえず昼寝。

 

副反応を口実に、ただの食っちゃ寝
と夫にいじられる。

 

夕方、起きると少し暑く、熱は36.8度。
平熱よりは高いけど、体はしんどくない。

 

シャワー、夕食を終え、早めに就寝。
3日目の朝は、もうすっきりしていました。

と最後は前回と同じ。

 

よく食べたり、よく寝たりできたのは、やはり体がエネルギー使っていたせいかもしれませんね。

 

結局、1回目も2回目も同じような副反応で、大したことなく終わりました。
カロナールもアクエリアスもアイスノンも全く出番なしでした。

 

 

 

 

 

 

ワクチン 接種後 控えたこと

何の根拠もありませんが、ワクチン接種後の数日、体の負担を減らすためにあえて控えたのは、

・湯船につかる
・お酒
・運動

とりあえず体の中にあまり変化を与えないようにだけはしておきました。

 

 

 

シオノギ製薬が、
飲み薬タイプの治療薬や国産ワクチンの治験を進めていたり、
鼻に噴射するタイプのワクチンを開発している、
というニュースを見ました。

コロナ禍もあと1年ほどで終わり、インフルエンザと同じような扱いに変わっていくようですね。

 

歴史の転機に立ち会っている気はしています。

何が副反応を大きくするのか軽くするのか分かりませんが、特に何も起きない40代女性がいたことも何かの記録になれば。

 

 

長々と物語っぽく書きましたが、ただ食っちゃ寝しただけ笑

お付き合いいただきありがとうございました。